RS3M2020用バネ鳴き軽減ワッシャー

smartshipさんからRS3M2020用のバネ鳴き軽減ワッシャーをご提供いただきました!

MoYuのRS3M2020は値段も安く、初期状態で何も調整しなくてもかなり回しやすい、コストパフォーの良いキューブです。しかし、バネがチリチリ鳴くところに少しチープ感があります。

そもそもバネ鳴きとは、なぜ発生するのか?

ワッシャーなしの図

1)バネはセンターピースの床とバネの頭に挟まっていてセンターピースがコアから離れるほど強い反発を生じる
2)バネの反発力があるため、バネはバネの頭にも、センターピースの床とも強く摩擦しているのでバネが滑らないでねじられると、バネの直径が大きくなったり小さくなったりするようになる
3)ある程度バネの変形が進むとバネに蓄えられたねじる力の方が、摩擦に耐えられる力より大きくなり最後はバネが元の形に戻る
4)そのときに、バネの先端(端のとがっているところ)がネジの頭や、センターピースの床をひっかくことになり、引っかき音が発生します。またバネ自体が元の形に一気に戻るため、その際にも音が発生します

以上がバネ鳴きが発生するメカニズムです。

それでは、それを抑えるためにはどうするか?

方法1)潤滑剤をバネ付近にさすことでバネを滑らせ、回転によってバネがよじれて直径が大きくなったり小さくなったりしないようにする
方法2)バネの先端(端のとがっているところ)が滑るような材質のワッシャーを追加するか、元々ついているワッシャーをそのようなワッシャーと交換する。
ワッシャーのバネと反対側の面はネジの頭の裏面かセンターピースの床面と摩擦するが、その面との摩擦係数も小さくなるので、バネがよじれるのを防ぐことができます。
結果的によじれから一気に解放される瞬間がこないためバネは鳴かなくなります。

ワッシャーありの図

ということで、今回の「バネ鳴き軽減ワッシャー」は後者の「方法2」のために、ネジの頭とバネの間にはさむための非金属のワッシャーです。

バネの下側(センターピースの床側)には金属製のワッシャーが最初からついていますのでそこではありません。(そもそもそこにつけるにはワッシャーの内径が足りないため、今回のワッシャーでは無理です

詳細はレビュー動画を作成しましたのでご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA